【画像】相沢友子の若い頃が美人すぎ!歌手時代から現在まで時系列でまとめ!

「セクシー田中さん」などの作品を手掛ける脚本家の相沢友子さん。

とてもお綺麗な相沢友子さんですが、若い頃が美人すぎなのです。

また、シンガーソングライターから脚本家という経歴をお持ちだとか。

この記事では、

  • 相沢友子の若い頃が美人すぎ!
  • 相沢友子のシンガーソングライターから脚本家の異色の経歴

についてまとめてみました。

スポンサーリンク
目次

相沢友子の若い頃が美人すぎ!

脚本家の相沢友子さん。

今もとてもお綺麗ですが、若い頃の相沢友子さんが美人すぎるのです。

相沢友子の若い頃

相沢友子さんの若い頃の画像を見てみましょう。

透明感のある美人ですね。

見ておわかりの通り、こちらは相沢友子さんのCDのジャケットの画像です。

相沢友子さんは、1991年にシンガーソングライターとしてデビューしています。

相沢友子さんは、シンガーソングライターから脚本家、という異色の経歴の持ち主なのです。

相沢友子の現在

相沢友子さんの現在の画像を見てみましょう。

現在も変わらずとても美人ですね。

スポンサーリンク

相沢友子のシンガーソングライターから脚本家の異色の経歴

相沢友子さんは、シンガーソングライターとしてデビューし、現在は脚本家として人気ドラマの脚本を手掛けるなど活躍されています。

そんな相沢友子さんの異色の経歴を紹介します。

シンガーソングライター

相沢友子さんは、1991年にソニーミュージックから「Discolor Days」でシンガーソングライターとしてデビューしています。

アルバムも4枚リリースしています。

  • 部屋のない扉
  • アスベストの海の中を
  • 胸の音
  • 安心毛布

女優

相沢友子さんは、ホリプロに所属し、女優をしても活躍されました。

小説

フリーになり、執筆活動をはじめます。

小説を書き始めるきっかかは、マネージャーがすすめてくれたからだそうです。

1999年第15回太宰治賞で小説「COVER」が最終候補作のノミネートされました。

その後、この受賞によりテレビプロデューサーの小椋久雄さんに脚本の執筆指導を受けます。

脚本家

2000年に「世にも奇妙な物語」で脚本家デビューします。

代表作は以下のような作品があります。

  • 「ミステリと言う勿れ」
  • 「プリンセス・トヨトミ」
  • 「本能寺ホテル」
  • 「セクシー田中さん」
スポンサーリンク

まとめ

今回は、相沢友子の若い頃が美人すぎ!シンガーソングライターから脚本家の異色の経歴と題して、脚本家の相沢友子さんについてまとめてみました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
あなたにおすすめ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次