【指揮者】小澤征爾の死因は心不全!食道がんで闘病の過去も!

「世界のオザワ」と評された指揮者の小澤征爾さんが、2024年2月6日に亡くなっていたことがわかりました。

この記事では、

  • 小澤征爾が死亡
  • 小澤征爾の死因は心不全
  • 小澤征爾は食道がんの過去も

についてまとめてみました。

スポンサーリンク
目次

【指揮者】小澤征爾が死亡

世界的指揮者の小澤征爾さんが、2024年2月6日、亡くなったことがわかりました。

自宅で安らかに息を引き取ったとのことです。

88歳でした。

小澤征爾さんの所属事務所はコメントを出しています。

指揮者小澤征爾は、2月6日都内自宅にて安らかに永眠いたしました。
享年88歳。死因は心不全でした。

故人の意思により、葬儀は近親者のみで執り行いました。後日、お別れの会を検討しています。静かに見送りたいというご遺族の気持ちを尊重し、取材等はお控えいただきたくお願い申し上げます。

なお、ご遺族のご意向により、ご供花、ご香典、ご弔問等はご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

故人が生前賜りましたご厚情に深く感謝いたしますとともに、謹んでお知らせいたします

スポンサーリンク

小澤征爾の死因は心不全!

小澤征爾さんの亡くなった死因は

心不全

だということです。

心不全とは、どのような病気なのでしょうか?

心不全というのは、実は、病気の名前ではありません

死亡原因としてよく目にする「心不全」は、病気の名前ではありません。心不全とは、心臓に何らかの異常があり、心臓のポンプ機能が低下して、全身の臓器が必要とする血液を十分に送り出せなくなった状態をいいます。

引用:日本心臓財団HP

何らかの原因で、心臓の機能が果たせなくなった状態のことを指すものです。

小澤征爾さんが心不全に至った原因については、明らかになっていません。

なにか病気のために心不全を起こしてしまったのかもしれません。

スポンサーリンク

小澤征爾は食道がんで闘病の過去も!

小澤征爾さんは、2010年に食道がんを患い、治療に専念するため休養をとっていたことがありました。

指揮者小澤征爾(74歳)が昨年末に定期健診を受けた際に食道がんが発見され、今年の6月まで音楽監督の任にあるウィーン国立歌劇場や国内外の30公演をすべてキャンセルし、治療に専念することを発表した。

引用:ぶらあぼ

7か月間にわたる休養の後、2010年8月に復帰を果たしています。

その時に

「第二の人生の始まり」

と喜びを表現していました。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、【指揮者】小澤征爾の死因は心不全!食道がんで闘病の過去も!と題して2月6日に亡くなった小澤征爾さんについてまとめてみました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
あなたにおすすめ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次