新千歳空港で飛行機接触事故!被害状況や事故原因について調査!

2024年1月16日16日午後5時30分すぎ、北海道の新千歳空港で、飛行機同士の接触事故が起きました。

今月初めに大きな事故が起きたばかりで心配です。

この記事では、

  • 新千歳空港で飛行機接触事故発生
  • 新千歳空港で飛行機接触事故 被害状況は?
  • 新千歳空港で飛行機接触事故 事故原因は?

についてまとめてみました。

スポンサーリンク
目次

新千歳空港で飛行機接触事故発生

2024年1月16日16日午後5時30分すぎ、新千歳空港で飛行機同士の接触事故が発生しました。

事故を起こしたのは

キャセイパシフィック航空 と 大韓航空

の航空機です。

スポンサーリンク

新千歳空港で飛行機接触事故 被害状況は?

新千歳空港で飛行機接触事故での被害状況が気になります。

大韓航空機には、乗客乗員289人が乗っていましたが、けが人はなかったということです。

キャセイパシフィック航空機には乗客は乗っていませんでした。

スポンサーリンク

新千歳空港で飛行機接触事故 事故原因は?

新千歳空港で飛行機接触事故の事故原因はなんだったのでしょうか?

現在、詳しい事故原因は明らかになっていませんが、

停止中のキャセイパシフィック航空機に、大韓航空機が接触した

ということがわかっています。

消防によりますと、停止中のキャセイパシフィック航空機に移動していた大韓航空機が接触したということです。

引用:STVNEWS

火災などは発生していないということです。

新千歳空港周辺は、16日、雪が降っていて、降雪もかなりあったものと思われます。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、新千歳空港で飛行機接触事故!被害状況や事故原因について調査!と題して、新千歳空港で起きた航空機同士の接触事故についてまとめてみました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
あなたにおすすめ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次