八代亜紀が滑舌悪い&喋り方が変だったのは脳梗塞?死因は膠原病だった

歌手の八代亜紀さんが2023年12月30日に亡くなっていたことが報道されました。

以前から、滑舌悪い、喋り方がおかしいと、脳梗塞ではないかという噂もあったようです。

しかし、八代亜紀さんの死因は膠原病だったそうです。

この記事では、

  • 八代亜紀が滑舌悪い
  • 八代亜紀は脳梗塞?
  • 八代亜紀の死因は膠原病だった

についてまとめてみました。

スポンサーリンク
目次

八代亜紀が滑舌悪く喋り方が変だった?

以前から、八代亜紀さんの滑舌が悪くて喋り方がおかしいと心配の声があがっていました。

ろれつが回っていないという声もあり、

大丈夫なの?

という声がありました。

スポンサーリンク

八代亜紀は脳梗塞?

八代亜紀さんの喋り方がおかしく、ろれつが回っていないということから、

脳梗塞ではないか?

と心配する声も多数ありました。

実際に、八代亜紀さんは、2014年に放送された「駆け込みドクター! 運命を変える健康診断」という番組で人間ドックを受けた結果、

隠れ脳梗塞の疑い

という診断をされていました。

しかし、疑いはあったものの、八代亜紀さんが脳梗塞を発症したという情報はありませんでした。

スポンサーリンク

八代亜紀の死因は膠原病!

では、八代亜紀さんの死因は何だったのでしょうか?

八代亜紀さんの死因は

膠原病

だったと報じられています。

2023年9月に膠原病の一種であり指定難病である抗 MDA5 抗体陽性皮膚筋炎と
急速進行性間質性肺炎を発症し療養を続けておりました弊社所属の八代亜紀が
12月30日に永眠いたしましたことを謹んでご報告申し上げます

引用:八代亜紀公式HP

膠原病の一種で指定難病である抗MDA5抗体陽性皮膚筋炎急速進行性間質性肺炎を発症し、昨年8月から活動を休止して療養中でした。

急速進行性間質性肺炎とは、

急速な呼吸状態の悪化をきたす間質性肺炎を指す。間質性肺炎は肺胞間の間質と呼ばれる壁の部分に炎症が起こる肺炎の一種で、肺の末端のぶどうの房のような肺胞を取り囲んでいる壁(間質)に炎症が起きる。その炎症部分を修復する過程で線維化が起こり、間質は厚くなり肺が縮む。呼吸困難が強くなり酸素が取り込めずに進んでいく。炎症を引き起こす原因は「じん肺」「薬剤」「放射線」「カビや鳥に対してのアレルギー反応」「膠原病」などさまざまで、原因が分からないケースもある。悪寒、せき、息切れ、発熱などの症状があり、全身性疾患となって死亡するケースもある。治療は原因によって大きく変わる。胸部エックス線などで発見できる。

引用:日刊スポーツ

美空ひばりさんや、上岡龍太郎さんも急速進行性間質性肺炎で亡くなっています。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、八代亜紀が滑舌悪い&喋り方が変だったのは脳梗塞?死因は膠原病だったと題して、2023年12月30日に亡くなった八代亜紀さんについてまとめてみました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
あなたにおすすめ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次