浅田舞とオチョの社交ダンス世界選手権大会の結果は34-35位!詳しく解説!

「金スマ」の社交ダンス企画で人気の浅田舞とオチョペア。

ついに世界大会に出場しましたね。

結果が気になりますね。

キンタローとロペスのペアは世界大会7位という結果を残していますが、浅田舞とオチョペアの結果はどうだったんでしょうか?

この記事では、

浅田舞とオチョの社交ダンス世界選手権大会の結果

についてまとめてみました。

スポンサーリンク
目次

浅田舞とオチョの社交ダンス世界選手権大会とは

2023年10月30日にポルトガルで行われた世界大会に出場しました。

浅田舞とオチョの社交ダンス世界選手権大会の概要

浅田舞とオチョペアが出場したのは、

WDSF World Championship Latin Senior I – Vagos
「WDSFラテンシニア1 ヴァゴス大会」

という大会です。

ポルトガルのヴァゴスという町で開催されました。

WDSFラテンシニア1 ヴァゴス大会には、49組が出場。

中には、出場選手の中には、世界ランキング1位と2位のペアもいるなど、強豪ぞろいの大会です。

浅田舞とオチョの社交ダンス世界選手権大会の採点方法

浅田舞とオチョの社交ダンス世界選手権大会の採点方法は、

5点満点×9名 で採点されます。

満点は45点です。

ラウンド1からラウンド4まであり、勝ち残り方式です。

最終ラウンドのラウンド4に残れるのは12組のみの厳しい戦いです。

スポンサーリンク

浅田舞とオチョの社交ダンス世界選手権の結果は?

WDSFラテンシニア1 ヴァゴス大会の浅田舞とオチョペアの結果を見てみましょう。

ラウンド1:浅田舞とオチョの結果

浅田舞とオチョのラウンド1の結果は、

49組中34-35位で通過

審査員9名の得点は、

5点、2点、2点、4点、3点、4点、2点、0点、2点

世界選手権でまずはラウンド1通過。やりました!

ラウンド2:浅田舞とオチョの結果

浅田舞とオチョのラウンド2の結果は、

36組中34-35位で脱落

審査員9名の得点は、

0点、0点、1点、3点、0点、0点、2点、0点、0点

合計得点は、6点という結果でした。

残念ながら、ラウンド2通過はかないませんでした。

0点が付くなんて、さすが世界大会、厳しい採点です。

浅田舞とオチョのペアは、世界選手権大会で

2ラウンド敗退

という結果でした。

残念な結果だったかもしれませんが、大喧嘩や解散の危機を乗り越え、ここまでたどり着いたお2人に拍手ですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、浅田舞とオチョの社交ダンス世界選手権大会の結果は34-35位!詳しく解説!と題して、浅田舞とオチョペアの社交ダンス世界選手権の結果についてまとめてみました。

2ラウンドで予選敗退という悔しい結果でしたが、世界選手権に出場しただけでもすごい結果です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
あなたにおすすめ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次