学校かくれんぼがつまらないと言われる3つの理由!やらせはあるの?

フジテレビの番組「新しいカギ」で人気の「学校かくれんぼ」。

芸人とゲスト出演者が全校生徒を相手に賞金100万円をかけてかくれんぼで勝負するという企画です。

人気の「学校かくれんぼ」ですが、「つまらない」という検索ワードが出て来たのが気になります。

この記事では、

  • 学校かくれんぼがつまらないと言われる理由
  • 学校かくれんぼはおもしろい?

についてまとめてみました。

スポンサーリンク
目次

学校かくれんぼがつまらないと言われる3つの理由!

1.頻繁にやりすぎで飽きた

学校かくれんぼがつまらないと言われる理由の1つ目は、頻繁にやりすぎて飽きた、ということです。

学校かくれんぼは、2022年11月12日の第1回目から、2023年11月18日の第12回まで、ほぼ月1回のペースで計12回放送さえています。

「新しいカギ」の番組は面白いのに、学校かくれんぼの割合が多いんじゃない?もっと他のコーナーも見たいんだけど、という意見もあるかと思います。

しかし、学校かくれんぼが人気企画だからこそ、多い頻度でやられているんでしょうね。

2.やらせでズルしてそう

学校かくれんぼがつまらないと言われる理由の2つ目は、やらせでズルしてそう、ということです。

学校かくれんぼでは、例えばロッカーの中など、比較的簡単に見つかりそうな隠れ場所の他に、スタッフさんがテレビ制作の技を駆使して作った、激ムズの隠れ場所もあります。

また、出演している学校は、広い敷地や大きな校舎を持った規模の大きな学校が多いので、その中から見つけるのは至難の業のように思いますよね。

スタッフがこっそり教えたりしているんじゃないの?と思っちゃうのもわかりますね。

しかし、学校かくれんぼは、全校生徒と100万円をかけて戦う企画です。

見つかってしまったら、100万円が取られてしまうのです。

スタッフが「ここにいそうだよ」などと隠れ場所を教えてしまうことは、考えにくいような気もしますね。

3.やってるほうは面白いけど見てるほうはつまらない

学校かくれんぼがつまらないと言われる理由の3つ目の理由は、やってるほうは面白いけど見てるほうはつまらない、ということです。

確かに、やってるほうの学生さんたちは、ものすごく楽しそうですよね。

見てるだけじゃ我慢できない、見てるだけじゃなくて自分もやりたい、と思ってしまう気持ちもわかります。

スポンサーリンク

学校かくれんぼは面白い?

「学校かくれんぼ」がつまらない という声もあれば、面白い という声もあります。

参加校の生徒さんたちは、特に学校かくれんぼのコーナーが始まった2022年に高校3年生だった生徒さんは、コロナ禍でいろいろな我慢を強いられた年代の生徒さんです。

入学式も普通にできず、文化祭や体育祭などの行事も中止になった学校が多いと思います。

そんな中、全校生徒で挑戦する「学校かくれんぼ」に参加することは、生徒さんにとって良い思い出になりますね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、学校かくれんぼがつまらないと言われる3つの理由!やらせはあるの?、と題して、「新しいカギ」に人気企画「学校かくれんぼ」についてまとめてみました。

「学校かくれんぼ」がつまらないと言われる3つの理由を紹介。

つまらない、という声もある一方、面白いという声もありました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
あなたにおすすめ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次